FC2ブログ

女は女らしく美しい日本を守りたい

保守の足を引っ張る「自称保守!」

田母神としおさんは残念だった。今後は「東京を守り育てる会」の発展を願い応援して行きたい。
田母神さんの街頭演説時には、自称保守の活動家たちが応援のつもりでウロウロしていたのが気になった。私は見慣れていても、一般の方々は少々嫌悪感を持つのではないだろうか。
新大久保や民主党議員の演説時に派手な抗議活動をする人達だ。田母神さんは公約も素晴らしいのに逆に評価を下げ、可哀想に思えた。
悔しいが、舛添は頭が良い。大学の先輩の奥さんはそつが無い。結果が出てしまったからには、安倍総理の言うことをしっかり聞いて働け。こちらもしっかり見張っているから。
舛添の女性関係について色々噂があるが、別に犯罪行為でもなく大人の女性が自分の意思で舛添に魅力を感じ、ついて行ったのだから、捨てられた女性の負け惜しみではないかと思う。現在、舛添は円満な家庭を築いている。
いつからか自称保守が増えた。新興宗教の人達も多い。
フランスのアングレーム国際漫画祭りで韓国に対抗した団体、それから先月アメリカのグレンデール市慰安婦像抗議活動の女性メンバーの1人も同じ宗教団体の人で人一倍大声を上げている。
政治家は宗教団体とは、付かず離れずと皆言う。票が必要だし選挙時は組織でよく動いてくれる。
しかし、私はしばしば恐怖を感じる。企みの最後は日本のためにはならない。活動も結局、保守の足を引っ張っている。騙されて喜んで一緒に活動している低知能の政治家には飽きれてものを言う気にはなれない。
  1. 2014/02/10(月) 21:40:30|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「鎌倉塾」での紅茶 | ホーム | UH-1搭乗>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yamatomachikiso.blog.fc2.com/tb.php/250-11c64241
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)