FC2ブログ

女は女らしく美しい日本を守りたい

5年日記か、10年日記

母が現在使用している2冊目の10年日記が今年でお終いとのことで、私がまた送る約束をしてあるのだが「10年は自信がないので、5年日記にしてね」と寂しいことを言われた。どちらにするか迷っているところだ。
毎日、母が電話で地元のことをあれこれ話すのだが、今日の話題は、また農協。マッサージ椅子の体験行列は相変わらずらしいが、今日興奮気味に話していたのは農協が葬儀場を始めた、という内容だった。
会津の小さな町には15年ほど前だろうか、地元の中年の男性が頑張って葬儀場を始め、皆が喜んだ。隣の町まで一山越えなくて良くなったからだ。昔は家で葬儀を行うのが常識だったが子供に負担をかけたくない、という人が増えて葬儀場を利用する人が増えてきた時期だった。残念ながらその葬儀場はまもなく潰れるだろうとのことだ。
農協は不思議な団体だ。地元の人がやっているガソリンスタンドの近くにガソリンスタンドを作り、先にあったガソリンスタンドが潰れてなくなった数年後、農協のガソリンスタンドを閉鎖した。採算が取れなかったのか、商売とはそういうものだろうが、私はそういう話を聞くたびに不快に感じる。小さな商店を毎日集金して回り、地元の人の声を聞きながら地元の人を不便な生活に陥れる気味の悪い団体だと思う。
葬儀の形態が変わったことを考えていたら、埋葬法も祖父までは土葬だったことを思い出した。
寝たきりになった両親は自宅で看るのが当たり前、病院へ入れておく家は軽蔑されたものだ。時代と共に考えられなかった変化が訪れる。
  1. 2013/11/27(水) 12:31:47|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<シナ訛り と チョン訛り | ホーム | 杉並区議会の呆れた答弁>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yamatomachikiso.blog.fc2.com/tb.php/207-ce75807e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)