FC2ブログ

女は女らしく美しい日本を守りたい

東大推薦入学⁈

夕方「期末試験が終わったばかりなのに、また勉強?塾に行きたくない!」と娘が言った。努力しないで今の生活が保てると思っているのか?このアホ。やる気満々の在日なら、ぶん殴られている、と思いながら「はい、行きますよー」と声をかけて塾まで送った。
昼間に行った秋葉原は、シナ語とチョン語の表記が溢れイラつく。ヨドバシカメラはシナ人だらけだ。そこでチラッと立ち読みした週刊誌には東大推薦入学について書いてあった。先日、塾で東大推薦入学対策の説明会があったが、急な決定は、誰もが不思議に思い、ご皇室が関係しているのは真実ではないだろうか、と感じた。本来、御茶ノ水付属も公平に公開抽選があるところを理由をつけてご入学なさった。何れにしても、健やかなご成長を祈るばかりだ。
教育熱心な友人が子供の私立中学入学に伴い、地方から都内に引っ越してきた。時々自殺者が出る、現在女子校では第三位の進学実績を誇るその学校は、場所柄もあるだろうが、異常にシナ人が多い、と友人から聞いた。
ゆとり教育と、大声を上げる政治家たちは、自分の子供をキッチリ、ガッチリ教育し超難関大学へ押し込んで行く。間に受けて油断してはならない。ザイニチーズの特別なオンリーワンなんていう歌で勘違いしている場合ではないのだ。あの連中は死に物狂いで生きている。真似出来ないくらい勉強したり、顔で売るなら整形し人工歯根を埋め込み、人当たりの良い笑顔で侵蝕してくる。
私立小学校にも、豊かな財力でどんどんあちらの方々は、入り込んでくる。スポーツや美味しいものを食べるのは、楽しいがお金はいくらあっても足りない。もっともっとと、御用達学校の口利きに500万円という大金を手にする商才のある皇族の方にはカンシンする。コネがあり取り引きしたい人はすれば良い。お互いに有難いのだろうから。
様々な勢力が絡み合うなか、私も自分の子供をしっかり教育して行けば良いわけだが、やはり日本の子供達の未来が心配でならない。
  1. 2013/09/28(土) 00:13:31|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<夢のようなお話 | ホーム | 白い封筒と便箋は美しい>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yamatomachikiso.blog.fc2.com/tb.php/166-310f7c5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)