女は女らしく美しい日本を守りたい

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

銀座がシナに乗っ取られた!

昨日の銀座三越、シナ語が飛び交い、日本語が聞こえてこない。店員もシナ語で話している。
デパート内をシナ人が走り回り大声で話し、品物を鷲掴み、異常事態。
三越もシナ人のためにキンキラキンの内装、シナ語の館内放送で待ち受けているのだから、困ったものだ。
たーくさん、買い物をして速やかに薄汚いシナへ帰国して欲しい。
スポンサーサイト
  1. 2015/02/21(土) 07:37:31|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いつだって自分が正義の嫌な男 水島 総

田母神事務所が大変なことになっている。自衛隊で過ごして来た人達は定年を迎えた時、第二の職場では怖い、怖い、と感じる人も多いと聞く。
田母神さんも色々な意味で素人だ。今の状況から早く脱出し言論活動に励んでほしいと願う。
そこで腹がたつのが水島総。相変わらずの自己満足正義感ぶり。「田母神事務所の件は、日本にとっても自衛隊にとっても大変な問題だ!」と語った。どうして、それが自衛隊にとっても大変な問題なのだろう。取り巻きもおかしいと思うはずだが、言うわけがない。残念だ。
  1. 2015/02/19(木) 09:27:37|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

慰安婦パネル展 終了

中央区で初めての慰安婦パネル展は18時に無事終了。
雨が降り、寒い一日ではあったが来場された方々は皆様、時間をかけて熱心にパネルを読んでいらっしゃった。もっと多くの人々に周知させて欲しい、という声が大半だった。
  1. 2015/02/08(日) 21:33:42|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

男女共同参画センターは妙齢の独身女性でいっぱい!

今日は珍しく男女共同参画センターの講演に出席した。
一見広くて綺麗で大変快適な場所である。国家を堕落させる男女共同参画!なんて呟くことには飽きた私だが、やはり税金がもったいないと悔しい気持ちでいっぱいになった。
出席者同士が話し合う時間が何度かもたれたが、驚くことに40代、50代と思われる女性が皆、独身であった。話しをしても、真面目な感じの人ばかり。結婚したい男性がたくさんいるのではないだろうか。結婚とは難しいものと経験上思うが、最大の国難である少子化対策のため、どうにかしなければならないのでは、と講演内容とは別のことで頭がいっぱいになった時間であった。
  1. 2015/02/07(土) 18:40:35|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ズラリ並んだ共産党!

午前中、公園で開催された雪まつりに子供と行ってきた。子供たちが楽しそうに公園で雪遊びをする様子を見て嬉しかった。雪は中央区と友好都市になっている山形県東根市から毎年、届けられる。
東根名物のいも煮汁や玉こんにゃくなどが振舞われ、多くの人々で賑わっていた。
そのような中、異様な雰囲気の人たちが横一列に並んで立っていた。手に持っているプラカードを読むと「安倍総理の新基地建設反対」「区立駐輪場有料化反対」と書いてある。共産党の人たちだった。本当に一致団結して、マメな人たちだといつも思う。
保守の人たちは、そういう点が足りない上に仲間の足を引っ張ったりするからダメなんですよね。
  1. 2015/02/07(土) 17:17:04|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

中央区の災害ボランティア入門講座 講師はピースボート(苦笑)

社会福祉協議会が企画した災害ボランティア入門講座の講師にビックリ!
昨日の集会で皆、ためになった、良い話が聞けたと喜んでいる、おめでたさに呆れる。合田茂広なんて怖すぎて私には無理!
  1. 2015/02/03(火) 08:25:03|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

全くぶれてはいなかった田母神俊雄氏

昨日は日比谷公会堂で田母神俊雄氏の報告会。お疲れのご様子の時もあるが、昨日はエネルギッシュ!講演も日本を思う気持ちが溢れ、満員の聴衆に勇気を与えてくれた。
お茶を出させて頂いたが、自衛隊出身らしくいつも無駄のない態度の方だ。
次世代の党のノボリが沢山はためいていて、一瞬ドギマギした。自民党と次世代の党をウロウロしている、変な女だと私の噂を流している人がいるからだ。
昨日の田母神さんの講演を聴いて、気にせず自分が信じる人を応援して行こう、と心に誓った。
次世代の党で選挙中に安倍総理の批判にまわった人は、一部の人だったのか?
  1. 2015/02/01(日) 13:16:03|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。