女は女らしく美しい日本を守りたい

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

異常に中華料理店が増えた!

中国人留学生が行方不明なんてニュース、のんきに流すな。政府はいったい何を考えているのだろうか?
行方不明の中国人達は、どうせ中華料理店あたりに転がり込み、飲食と雑魚寝のみを手に入れ、タダ働きの日々だろう。そのような人達は一般の人達よりも犯罪率が高いに決まっている。
区の安心メールに登録すると、地震や天気、それから区内で発生した子供に関する犯罪情報も入る。それはパニックメールだ。異常に件数が多いらしい。女の子を持つきちんとしたお母さんは、おかしくなりそうだと言う。その他は、うちの子は犯罪に合わないと思い込んでいる人や、私のように全て送迎している人だ。性的軽犯罪は犯した人間には、大したことではなくても被害者やその家族にとっては、人生を変えてしまうほどの重大な事件だ。以前、新聞に小さく出ていた小学生に性的な行為をして捕まった男性、名前は出ておらず住所は途中の番地まで私の家と同じだった。胸がドキドキした。
最近、各交差点付近若い警官が立ち、笛をピーピー鳴らしている。日本橋の交差点では、昼間から中国人男女がワンカップ片手に大騒ぎをしているのに、近くに立っている警官は見向きもせずにうるさくピーピー笛を吹いている。日本橋も小さな中華料理店が増え続けている。平日の昼間はいっせいに、どこからか来た弁当屋が路上に立つ。中華弁当が多い。ぎこちない日本語で必死に声をあげている。中央区の保健所の人が今年も「路上弁当販売の弁当を調査したら8割から大腸菌を検出。今後取り締まる。」とネズミのような顔で語っていた。何年同じことを語るのだろう。古くからある料理店は、お客様が減って死活問題と言っているのですよ。
しかし、380円でボリューム弁当を食べられることは、サラリーマンにとって有り難いようだし、必死の形相で「オイシイオベントーアリマスヨー」と大声をあげる中国人は、手強い相手なのか。
スポンサーサイト
  1. 2013/09/30(月) 07:04:15|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

夢のようなお話

今朝は子供の付き添いでプロテスタントの教会へ行った。パイプオルガンの音色が清々しく、賛美歌も心地良い。
聖書は昔から夢のようなお話と感じていたが、昨日行った珍しくパイプオルガンがある寺院講堂での講演会は、まさに夢のようなお話だった。自民党の都議会議員が主宰、講師は元朝日新聞記者。毎回、そのような講師なので参加したことがなかったのだが、急に気が変わり参加した。見た目が粗暴な上に滑舌が悪く、期待通りのレベルの低さ。早い段階で居眠り状態だったのだが、その中で聞こえたのは「福島第一原発事故で、東京電力は菅直人を悪者にしている。そして安倍総理はオリンピック招致スピーチで第一原発がコントロールされている、と大嘘を吐いた、最悪の総理だ」と語っていた気がする。私は夢の中で聞いたのだろうか。見回すと皆、ウンウン頷きながら聞いていた。
司会のヤサオトコが間抜けな顔でシンクタンクを目指すと言っていた。頑張ってね笑。大好きな日下公人氏が「朝日新聞はもうすぐ潰れます」と言い切ってから5年以上経つのに、まだ潰れそうもない。『あと三年で世界は江戸になる』なんていう本も書いているから、楽しいだけのおじいさんか。
日本人は安倍総理と心中する覚悟で乗り越えて行かなければならない状況だと感じるのは、私だけなのだろうか。皆、スリル満点の時間を楽しみたいのだろうか。
  1. 2013/09/29(日) 10:04:15|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東大推薦入学⁈

夕方「期末試験が終わったばかりなのに、また勉強?塾に行きたくない!」と娘が言った。努力しないで今の生活が保てると思っているのか?このアホ。やる気満々の在日なら、ぶん殴られている、と思いながら「はい、行きますよー」と声をかけて塾まで送った。
昼間に行った秋葉原は、シナ語とチョン語の表記が溢れイラつく。ヨドバシカメラはシナ人だらけだ。そこでチラッと立ち読みした週刊誌には東大推薦入学について書いてあった。先日、塾で東大推薦入学対策の説明会があったが、急な決定は、誰もが不思議に思い、ご皇室が関係しているのは真実ではないだろうか、と感じた。本来、御茶ノ水付属も公平に公開抽選があるところを理由をつけてご入学なさった。何れにしても、健やかなご成長を祈るばかりだ。
教育熱心な友人が子供の私立中学入学に伴い、地方から都内に引っ越してきた。時々自殺者が出る、現在女子校では第三位の進学実績を誇るその学校は、場所柄もあるだろうが、異常にシナ人が多い、と友人から聞いた。
ゆとり教育と、大声を上げる政治家たちは、自分の子供をキッチリ、ガッチリ教育し超難関大学へ押し込んで行く。間に受けて油断してはならない。ザイニチーズの特別なオンリーワンなんていう歌で勘違いしている場合ではないのだ。あの連中は死に物狂いで生きている。真似出来ないくらい勉強したり、顔で売るなら整形し人工歯根を埋め込み、人当たりの良い笑顔で侵蝕してくる。
私立小学校にも、豊かな財力でどんどんあちらの方々は、入り込んでくる。スポーツや美味しいものを食べるのは、楽しいがお金はいくらあっても足りない。もっともっとと、御用達学校の口利きに500万円という大金を手にする商才のある皇族の方にはカンシンする。コネがあり取り引きしたい人はすれば良い。お互いに有難いのだろうから。
様々な勢力が絡み合うなか、私も自分の子供をしっかり教育して行けば良いわけだが、やはり日本の子供達の未来が心配でならない。
  1. 2013/09/28(土) 00:13:31|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

白い封筒と便箋は美しい

今朝の産経新聞一面は、若者「手紙、やっぱり手書き」とあった。
当たり前です。昨日、娘に友人から届いた手紙は白い無地の封筒と便箋で、その白の美しさに感動した。
中には学園祭の招待状と、白い便箋、来場して欲しい気持ちが丁寧に綴られていた。iPadを一人一台持ち、授業を行う学校に通学するお嬢さんだ。最新設備に囲まれた学校で毎日過ごしていても変わらないものは、変わらない。
娘の学校では、部活動の先輩方には暑中見舞い、年賀状を無地の葉書に手書き、という決まりがある。大変そうだが良いことだと思う。
  1. 2013/09/25(水) 07:26:49|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

やり手の男性も美人には弱い

美人と食事をするのは女性の私でも気分が良い。
男性なら、もっとそう思うことだろう。理性を失ってしまった男性がいても軽蔑などせずに呆れるだけにしたい。
自民党の世耕氏の再婚相手に驚いたが、尖閣行った区議会議員の再婚を聞いた時にはひっくりかえりそうだった。
シナチョンには強く出ることができても、美人モデルの素行は読み取れなかったのだろう。そのモデルは右も左も関係なく、なりふり構わず政治集会に参加して要注意人物として男性陣から警戒注意報が出されていた女、なんて今更どうでも良い。結婚はおめでたい。新婚さん、グランデール市では日本のために男らしく強くたくましく抗議して来て下さることを願っていますよ。
  1. 2013/09/24(火) 07:29:10|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「女性は家庭に」

産経新聞談話室の大学生の投稿文を読んで、面白いと思った。
「家庭的な女性が好き」という男性が少なくない、ことにご不満らしい。
私が20代の頃、出会う男性はほとんど家庭的な女性が好き、と言っていたことを思い出した。
その大学生は将来、仕事を一生続けたいと思っている、とのことなので頑張って欲しい。
私は、やはり医師で弁護士でも自衛官でも、接してみると男性の方が仕事の処理、判断能力が優れていると感じる。
正論ウーマンもなんて薄っぺらでつまらない文章ばかりなのだろう。
日本の男性は優しい。優しすぎるために日本が崩壊しかかっているのではないだろうか。
日本の領土、家族制度を守り抜くのは、もう手遅れか。
唯一、女性が男性より優れているのは子供を産み、きめ細やかな愛情で子供を育てることだろう、と私は思う。
  1. 2013/09/23(月) 07:43:29|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

銀座でヨガ会

銀座のスタジオにヨガスクール同期が集まり、ヨガ勉強会を行った。各々、新しい技を披露してお互いに試し、技術の向上を目指すのだ。終了後はレストランでお話会、今日は「日本の現状について」が話題の中心だった。
尖閣諸島へ行きたい、靖国神社の清掃をしたい、在日特権は許せない、芸能人はどうして在日が多い? 等々。
そして、韓国はとにかく皆、大嫌いだ。各々、韓国製品は買わないように心がけている。まだいる周りの韓流ファンにも、あの国はどれほど反日でキチガイで恩を仇で返す連中か、語りかけて行こうと団結した。
  1. 2013/09/21(土) 19:53:16|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

麹町でふれあい

麹町高齢者のお食事作りボランティアの日、快晴でよかった。20名 皆笑顔でお越しになり嬉しかった。
献立は豚冷しゃぶ、煮物、お浸し、お吸い物、デザートだった。意外にボリュームがあり、煮物のがんもが大き過ぎて、残した方が何人かいらっしゃった。面白いのは、いつも女性は残さず食べ、男性は気を遣い、言い訳しながら、嫌いな物は残す点だ。きっと女性は作る苦労を知っているからではないか、と後でボランティアの一人が話していた。
話題は敬老の日のご招待、今年は五木ひろしのコンサートだったことなど。お隣に座った90歳の方は食事後、区の施設のお風呂に入り、巡回バスで帰宅予定、無料なので嬉しい、日本は良い国だ、とおっしゃった。もっともっとと、要求する高齢者がいるなか、感謝の気持ちを聴くのは嬉しい。
地方の高齢者は、それほど特典がないのでは、と時々考える。

  1. 2013/09/20(金) 22:25:48|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

モキハナララバイ

ご依頼を頂き、フラダンスのレッスンをして参りました。曲は「モキハナララバイ」という、ゆったりした非常に美しい曲。私にピッタリの曲と言われます(笑)
ハワイ語です。歌詞をハワイ語辞典で調べると、また違った感情が芽生えますが、フラの曲は表向きの歌詞とは別に
裏の意味が潜んでいるらしいです。私には理解できない深い感情のようです。
とにかく日本人は、何でも好きな習い事ができる幸せな民俗に間違いありません。
世界中の踊りが日本では習えるのではないでしょうか。ベリーダンス、タヒチアンダンス…
昨日、打ち合わせで12月にアメリカグレンデール市へ行きましょう、と言われましたがグレンデール市と言えば、あの件
私なんぞが行ってお役にたつのかどうか?
  1. 2013/09/19(木) 18:29:42|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

唯一の女性保守団体

今日は私が、お勉強させて頂いている塾の打ち合わせ。新幹事長の行動力に期待する。
これまで何かと言うと醜悪な日本文化破壊女性団体ばかりが大声をあげてきたが、新体制で私達も唯一の女性保守団体として、頑張って力強く発信して行きたい。
  1. 2013/09/18(水) 08:38:21|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

平日のボランティアは女性や定年退職者に任せてね⁈

いつも不思議に思うのは、平日の昼間のボランティアに嬉々として参加してくる働き盛りに見える男性達。
何曜日にでも現れ、大いに発言している。そうなると、女性はやはり黙ってしまう。
何か勘違いしてませんか。
力仕事でもないのだから、女性に任せたらどうでしょう。
昼間は主婦も微力ながら、何か社会のお役にたちたい、と思っているのだから。
ボランティアは楽しかったり、自己満足になったら辞めるべき、と曽野綾子さんは、
いつもおっしゃってますね。
  1. 2013/09/17(火) 15:21:09|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

干し柿作り

今日は敬老の日、会津の両親には干し柿を贈った。
大きくて綺麗で甘くて柔らかくて、とても美味しかった、という電話が母からあった。昔は、どこの家でも干し柿を作っていて、私の実家でも蔵の脇に沢山の干し柿がぶら下がっていた。色が黒く白い粉のようなものが付いていた記憶がある。外側は少々硬いが、中は鮮やかな橙色で柔らかく甘い。
作らなくなったのは母が時々、右手の親指を痛めるようになり、柿の皮を剥いたり、栗の皮を剥いたりするのを控えるようになったこともあるが、お店には手軽で美味しい物が溢れていることもあるのではないだろうか。
幼少時、イナゴを獲って煮たり、魚を掴んできて焼いたり、山菜を採って揚げたりしたが、今は田舎に帰っても、そのような子供の姿は見られない。何かに忙しそうだ。
  1. 2013/09/16(月) 13:05:48|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

思想がおかしい人達

子供の通っていた塾スンダイが移転し、ゴチャゴチャしている場所の上に遠くなったので、他を探している。
ワイサピみたいな名前の塾が近いが討論形式リベラル読解90分が必修となる。リベラルという言葉はあまり好きではない上に、使用書籍は香山リカの「いい子じゃなきゃいけないの?」 、宮本太郎「弱者99パーセント社会」その他、井上ひさし などなど、背景となる知識や思想を学ぶ、って一体どんな会話が交わされているのだろうか。
何人かは東大に合格し、姜尚中みたいな教授に指導を受けるわけだ。大学では左翼が出世するらしい。
子供に聞いたのだが月曜日の礼拝で、中学校長が長々堂々と経済優先、原発推進などと安倍総理を批判していたそうだ。私が昨年通っていたヨガスクールでは、外部から来ている自称有名な心理学の講師が、自民党や石原慎太郎氏、産経新聞を滅多斬りにしていた。その人は、奥さんに包丁で腕を切られた夫婦共に精神異常者のようだがそのように、本来控えるべき場所で思想的なことを表現するのは、恥知らずでキチガイ的な要素を持った人達で本当に腹が立つ。馬鹿馬鹿しくて誰も反撃しないから、自分の異常性に気がつかない。
  1. 2013/09/13(金) 08:13:35|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

心穏やかになる本

教育本をたくさん読んでいそうと言われる私だが、どれを手にとっても偉そうで下らなそうで、そういった本は好まず、一度も読んだことがなかったのだが、縁があり初めて、森信三 著「家庭教育の心得」を先程読み終えた。最初から最後まで心穏やかに読める内容だった。
躾の三か条は、すべての日本の母親に小学校入学前に実践して欲しいことだ。
「家庭というものは『人間形成の道場』で、そのような家庭教育の中心責任者は女性なのであります」とある。
この本を男女共同参画推進女性センター図書室に寄贈したい。
最近、気に入っている適菜 収の本は気分爽快になるが、今日読んだ本は心穏やかになる本だ。
  1. 2013/09/12(木) 06:38:44|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あまりにも無防備

予備自衛官の訓練から夫が戻ったので、いつものような朝を迎え、やはり安心感がある。自衛隊の方々とは比べものにならないだろうが、予備自衛官訓練の様子を録画で見せて貰った時には、えーっと声を上げたほど、大変なものに見えた。大きな穴を掘り、医療班?を作っていた。3日間は眠らずに活動する人もいると聞いた。
今の日本は、戦争中のようなものではないだろうか。平和なんていう言葉を口にする脳天気な日本人に呆れる。海外旅行へ行った日本女性の無防備さにも驚くばかりで、痛い目にあっても、自業自得だと言いたくなってしまう。
日本人の今後の意識改革は難しいだろうか。
  1. 2013/09/11(水) 07:56:36|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

女性センターに男性三人

中央区男女共同参画推進 女性センター「ブーケ21」に来ています。
一階の広ーいこの部屋は寒いくらい冷房が効いていて、受付の女性二人が、聞き捨てならないことをベチャベチャ喋っています。男性が三人いて、一人は爆睡、一人は新聞を読んでいて、一人はiPadを見ていましたが居眠りを始めました。新聞や雑誌が置いてあり、本もたくさんありますが、全然私の好みではありません。二階には、女性相談室、男性職員が一人退屈そうに鼻のそうじをしていました。三階は和室と、ワォーっと声をあげたくなるほど、広くて綺麗で豪華な調理室。ここで、もてない男が集まり、いじらしく料理や、お掃除講座などを習っているらしい。
四階も研修室がたくさんあり、低料金で借りることができます。
このような立派な5階建ての建物が、何のために存在しているのか私には理解できません。
  1. 2013/09/09(月) 15:16:52|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

さすが!安倍総理

今朝は、2020年 東京五輪決定!の速報に一安心。
騒々しくなることが嫌で、以前は東京での開催は望んでいなかったが今は違う。安倍総理の「日本を取り戻す」という言葉を胸に、美しいだけではなく強い日本を作り上げて行きたい。
忘れてはならないことは、各々いろんな思惑もあるだろうが、多くの方の尽力により得られた結果ということだと思う。
そして、石原慎太郎氏の大功績がまた、増えたことを喜びたい。実現できるはずがないと思えることを次々と実現してきた。いろいろなことを言われているが、石原慎太郎は真の愛国者であり、まさに命をかけて日本を守ろうとしているのだと思う。日本にとって非常に大切な方。健康で長生きし、発信し続けて下さることを祈る。
最近、日本橋や銀座のデパートは閑散としているのは、支那人が来日しない時期なのか。飾り付けがキンキラキン過ぎるので、どう言うことなのか銀座のデパートの店員さんに聞いた時には「申し訳ありません。明日から中国の人がたくさん訪れる時期なので」と言われた。
早く原発再稼働し、憲法改正をしなければ、私が孫の手を引いて穏やかに公園を散歩できる未来などこないだろう。

  1. 2013/09/08(日) 14:56:30|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

タブレットよりも紙はしなやか

夏休みが終わり、子供の学校が始まった。二学期制なので始業式はなく、通常通りの時間割だ。
朝刊に「荒川の小中学校にタブレット型パソコン導入、子供達のうれしそうな声が上がった」とあった。
今春、山谷えり子参議院議員が、全力で阻止する、闘うとおっしゃて下さった「自民党教育再生実行本部が小中学生にタブレットを一台ずつ支給する」という計画は、親としては非常に、ありがた迷惑な話だ。喜ぶ母親がいるだろうか。
日本人は紙の手触りが大好きだ。幼少時から様々な紙に絵を書き、紙の辞書をひき、友達の誕生日には丁寧に包装して贈り物をする。紙は目で見て各々美しく、触れても各々しなやかで、たくさんの思い出を蘇らせてくれる。
とにかく、小中学生にタブレットは絶対に渡してくれるな。
  1. 2013/09/03(火) 10:17:41|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

「家事育児しない男性ゼロに」⁇

「家事育児しない男性ゼロに」 森雅子少子化相が、おかしな事を言ったものだ。大臣になってからは、福島県知事選挙なんかに落選して良かったね、なんて言われてばかりで森雅子大臣は頭がおかしくなったのだろうか。
いや、もともと痩せぎすでパーティなどで見かけても幸薄い感じの人だった記憶がある。誰〜も寄り付かない暗い雰囲気の人だった。育った環境も涙を誘う。現代の弁護士の思考回路は全く理解できない。
女性手帳導入も実はやりたくなかったのだろう。
「男性は仕事に、女性は家事、育児に専念」などと言ったらおかしな人と思われる時代が来るのだろうか。私が親しくしている人達は、そういう考えの女性ばかりなのだが、絶対に人前に出ない品格溢れる人達なので、流れを変えるのは難しい?脱力。

  1. 2013/09/02(月) 00:30:27|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

国家防衛意識

今日は快晴、暑い一日だった。一週間前の日曜日、静岡県が雨だったことが残念に思えた。
毎年開催される陸上自衛隊富士総合火力演習が一部中止になったからだ。しかし、チケットを差し上げた方からは嬉しいお言葉を頂いた。
「10式戦車の迫力に大感動、今年は尖閣諸島での衝突を想定したとのことで、日本と各国の状況について深く考えさせられる機会になった」とのことだった。
今後、日本人の国家防衛意識が高まることを願う。
  1. 2013/09/01(日) 22:45:53|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。