女は女らしく美しい日本を守りたい

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

お騒がせ高校生

ニューヨーク語学研修ツアーに参加して迷子になった高校生が、無事発見されたことは良かったと思う。私が学生時代、ホームスティした時にお世話になったツアー会社だった。
21人に対して4人の添乗員がいて不手際がなくても迷子になる人はいるもので、驚くことに2日後の保護だった。地下鉄乗り換え時にはぐれてしまったらしいが、高校生がホテルに行く知恵や人に助けを求める語学力もなかったことに本当に呆れる。
日本は学校で英語を教えることを止めた方が良いと思っている。英語好き以外は全然身につかないからだ。学びたい人だけ習いに行けば良い。
親はしっかり、様々な自体を想定し外出時は携帯電話を持ち、万が一はぐれた時の対処法を教えておかなかったのだろうか。
高校生は、多くの方々に心配とご迷惑をかけ、恥ずかしく申し訳ない気持ちでいっぱいの時間を過ごさなければならないだろう。
海外での事件といえば昨年、女子大生がルーマニアで殺害された事件を思い出す。大学の後輩だが、空港に夜一人で到着し、知らない男性について行った無防備さに、本当に驚く。
この事件も、やはり親がしっかり子供のことを把握し、海外での常識を教えておけば防ぐことができた悲惨な事件だったと思う。
スポンサーサイト
  1. 2013/07/31(水) 21:10:07|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日本はボランティア大国

日本はボランティア大国ではないかと思う。地域社会において、ボランティアさんがいなくては成り立たない施設もある、と耳にするほど重要な役割を果たし、その多くは主婦の人達だ。
私は大学の同窓会や区での活動が主だが、今日は登録している財団から、障害者のお世話をさせて頂く活動願いが届いた。国技館に楽しみに集まる皆様、精一杯お世話をさせて頂きたいと思う。
ボランティア活動については普段、人にあまり話さないが、私の出身校では盛んに行われている。
軟弱な女子大と世間では思われているかもしれないが実際は、表には出たがらないが芯の強いしっかりした女性が多いと思う。山谷や一般には知られていない劣悪な所にも、行っている。
私は以前、大学の先輩方とその劣悪な所に行った後、一週間寝込んでしまったことがある。今でも大学同窓会ボランティア部の人達は定期的に、そこへ行き活動をしている。私は思い出しただけでも吐きそうになり、人手不足と聞いても、もう行けそうもない。情けない自分が嫌になるが、少しでも社会のお役に立ちたい思いで、平常心でボランティア活動を続けたい。
平日の昼間にボランティアにいらしている男性を時々見る。
話を聞くと体が弱くて働けなかったり、仕事を休んで来た?と言う。
できれば、平日の昼間は、男性にはバリバリ働いて欲しいものだ。ボランティアは気持ちや時間に余裕がある時に、やるべきだと思う。
早朝、歩いていると道路をお掃除している方やゴミ拾いをしている方を見かける。感動で胸がいっぱいになる。わざわざボランティア活動に出かけなくても、住まいの周りをお掃除することは何よりも素晴らしいことだと思う。





  1. 2013/07/29(月) 22:29:31|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

30分間の隅田川花火大会

昨日は例年通り、隅田川花火大会を見るために両国橋へ行った。
若い警察官がたくさん出ていて「危険ですので、立ち止まらないで下さい。」と繰り返し言っているので、皆ぞろぞろ歩きながら見ている。
不思議なのは、子供連れや高齢者が立ち止まって花火を見ると、すぐに注意をするのに、声をかけると面倒そうな柄の悪いチンピラ共には、何も言わないことだ。警察官にチンピラは目に入らないのか。
男性の高齢者が橋の欄干につかまり「ここで見せて欲しい」と頼んでいるのに、警察官5人で引きずって行ったことに何とも感じなかった。警視庁は、ポスターにわざわざ制服制帽を着けた白い犬を使ったり、外務省前では自称慰安婦共を守り、私を突き飛ばしたりしたり、私には理解できない人達だからだ。
仕方がないのだろう。皆、生活がかかっているのだから。
しかし、そろそろ犬のおまわりさんのポスターは変えて欲しい。ずっと我慢をしているが、ポスターを見るたびに不快な気分になるからだ。
  1. 2013/07/28(日) 12:05:17|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日本の子供達は世界一

産経新聞 解答乱麻に「子供たちの忍耐力の欠如」について掲載されていたが、本当にそうだろうか。
私は、日本の子供達は礼儀正しく忍耐強く、何事にも熱心に取り組む素晴らしい性質を持っていると思う。
学力偏重型の学校教育が問題だとも書いてあるが、日本の学校は現在、学力偏重型とは思えない。
学力よりも個性を大切にしているように感じる。
塾が大流行りなのは、テストの成績を発表したり、成績順にクラス替えをしたりするからではないだろうか。
学校は競争させない。しかし、大多数の子供達は競争することが大好きで、現代の子供達は競争を求めているように感じる。優秀な子供達を競争させないのは非常にもったいないことだと思う。
ゆとり教育を推進している政治家も自分の子供は、みっちり勉強させていると思う。
日本は悪い国だということは許され、良い国だというと問題になることと同じように、日本の子供達は駄目だ、という意見ばかり目だつのは不快だ。日本の子供達は人の話を良く聞き、手先が器用で他者に思いやりがあって、
というような意見を新聞で目にしたい。
  1. 2013/07/28(日) 00:30:27|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

れんがで女子高生を殴打したのは中国人

今月上旬、れんがで女子高生を殴打したのは中国人だったとのこと。
私は犯人はきっと、韓国人だと思っていたが違った。
後ろから近づき顔や頭をれんがで何度も殴打したって。わいせつ目的で。
犯人の中国人が刑務所から出た途端、消されるだけでは怒りがおさまらない。
日本国内にいるすべての中国人を懲らしめなければならない。
  1. 2013/07/27(土) 10:01:24|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

子宮頸がん予防接種2回目

娘が、19日に子宮頸がん予防ワクチン2回目を接種した。今はまだ、筋肉痛のような痛みで、打った左手が上がらない状態だ。1回目よりも痛みが強いようだが、平均的な症状だと認識している。日本は予防接種や健康診断の案内を年齢に応じ、お知らせしてくる素晴らしい国だと思う。それを当たり前だと感じ、雨が続いても、真夏日が続いても何でもかんでもブーブー政府に文句を言える日本人は本当に幸せだ。
子宮頸がん予防ワクチンについて不思議なのは、狂ったように「子宮頸がん予防ワクチンを絶対に接種してはいけない」という素人のおばさん達だ。もちろん、中学生がそのような病気に感染しないような道徳教育は必要だ。しかし、有効な予防ワクチンを接種することは、各々の判断ではないのか。
日本は予防接種後進国だ。予防接種副反応については、しっかり説明書きがされている訳だし、もし副反応が出たら、それは、個人の責任だと思う。私は予防接種の前日は、子供を早めに就寝させ体調をよく見てから病院へ連れて行く。
もし娘に副反応で何かがあったら、接種を決めた自分を責めるだろう。
ロクでもない弁護士が多すぎることもあるが、私は予防接種副作用、回転扉死亡事故、綿飴割り箸事件など、本来なら「ご迷惑をおかけしました」と社会の皆様に頭を下げるべきところを、訴えて出た親を心の底から軽蔑している。
  1. 2013/07/24(水) 15:03:42|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

力強かった安倍総理

安倍晋三総理は参議院選挙中、最後まで力強く、残念な結果もあったが自民党が大勝できて良かったと思う。
自民党以外では、20日朝、歌舞伎座前で、中山成彬さんが心配そうに見守っていらした中山恭子さんも当選。安心なさったことだろう。
最近、できるだけ色々な人とお話をするように心がけているのだが、棄権したことのない私は、投票に行ったことがない人が結構いることを知り驚く。少しずつ日本は素晴らしい国であることや、危機的状況、なぜか存在を知らない人が多いチャンネル桜のことなど、さりげなく話している。皆、意外に興味深そうに聞いてくれる。
嬉しかったのは、21日 朝に「投票に行ってみようと思うのだけれど、誰か良い人教えて」とメールが知人から届いたことだ。ごく一般的な女性達は、今まで投票するきっかけがなかったのだろうか。
私なりに、日本国家という意識を持つよう、周りの方々に少しずつ話して行きたいと思う。
  1. 2013/07/22(月) 15:37:55|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自民党 圧勝

眠っていた日本人が、ようやく覚醒し自民党圧勝、失いかけていた日本を取り戻すことができるだろう。
国家防衛のため奔走し続ける「ヒゲの隊長」
佐藤 正久さんが、防衛大臣になる日を楽しみにしている。
自衛官からの評判が良いのは、本物の証だ。
  1. 2013/07/20(土) 06:40:39|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鈴木信行候補が韓国大使館前で演説

参議院議員選挙に立候補している維新政党・新風 鈴木信行氏が今日、韓国大使館前で街頭演説!
本当にこの方は、柔らかい表情で楽しいことをやって下さいます。
  1. 2013/07/18(木) 07:46:29|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

保育園が無理なら男女共同参画センターに子供を預けましょう

相変わらず待機児童問題を話題にしたい人が多いようですが、保育園が足りないのでしたら、男女共同参画センターに行って子供を預けたら良いのではないでしょうか。自称女性の味方である人達が、快適な気温の広々としたビルで時間を潰していますので、きっと優しく見てくれることでしょう。
保育園が急激に増えている感じがします。選挙の投票場所が変わったので、どうしたのかと思ったら以前の投票場所は、保育園になっていました。中央区の広ーい男女共同参画センターは、本当にもったいないです。保育園にして有効利用すれば、待機児童問題も一気に解消するのではと思います。
  1. 2013/07/18(木) 06:20:10|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いじめ

明日から子供の学校が夏休みに入るのだが、数日前に昨春から不登校だった同級生が学校をやめる、と先生からお話があったそうだ。苦労して入った学校をやめる決断をした、ご両親の気持ちを考えると胸が痛む。
いじめがあった、らしい?のだが大半の子供も父兄も皆よくわからないという。昨年、泣いているところを見た、と娘が言うので、そうなのだろう。
同じ空間で過ごしているようでも、私の娘のように天国にいるように穏やかに過ごしている子と、不登校だった子のように学校の門まで来て、その先は地獄で一歩どうしても足が出ない、ということがあるのだ。
いじめをなくす、と政治家が言ってもぴんとこない。あのおじさん達に、繊細な子供心が、わかるのだろうか。
同級生の皆もクラスは違ったが私と娘も、何とかならないか、と何度か呼びかけを試みたが、お役に立てなかった。繊細なお嬢様だった気もする。我が子を守り導くのは、やはり両親だと思う。医師のお父様、お母様のもと、これからの人生をしっかり切り開いて行くことを願う。
  1. 2013/07/17(水) 08:55:27|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

嫁入り前に男性と暮らす女性

ヨガレッスン後、5人と食事を共にした時に、その中の一人、20代の女性が「彼と住んでいるの」と言ったことに驚いた。そのような行為自体驚愕だが、秘密にすることではないのだろうか。親は何と言っているのだろうか。自分の娘なら、絶対に許さない。先日、父親の名前は明かさず、スケーターの安藤美姫が出産したが、テレビではこの件に関して、「かっこいい、尊敬する」と賞賛する頭の弱そうな女の声ばかり流していた。同棲、未婚の母、なんていう言葉は死語となり、恥ずべきことではなくなったのだろうか。
異性のチカンや強姦願望を煽るような、無防備な服装の女子高生や、街を歩く女性を見ると頭がクラクラしてくる。
  1. 2013/07/16(火) 13:08:04|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サバイバルゲーム

サバイバルゲームは楽しそうだ。密かにまだ流行っているらしい。
私なら迷彩服は日本軍、日の丸をつけて戦いたい。
普段から有事に備え、訓練しておくことは大切だと思うが、日常的に泥水を飲んだり眠らない訓練? をしている予備自衛官の方がいる、ということを聞いて驚いた。
やはり「世界の戦艦」や「丸」などを愛読しているのだろうか。
  1. 2013/07/15(月) 12:44:23|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

剣道昇段審査

子供の剣道昇段審査のため、今朝訪れた港区芝の中高一貫男子校の生徒の皆さんは、非常に礼儀正しい。お会いする生徒さんが皆、足を止めてきちんとお辞儀をして挨拶をして下さる。改めて自分のお辞儀の作法をおさらいしたいと思った。母は戦時中、足を止めて挨拶をしないように教師に言われ困惑したそうだ。
剣道を習っている子供の友人は今月末、数年の予定でニューヨークへ発つが、あちらでも剣道を続け、昇段審査も受けられるそうだ。ニューヨークでも剣道は人気があるらしい。
先ほど通った虎ノ門3丁目参議院選挙掲示板を見たら、維新政党・新風の鈴木信行候補のポスターの顔の部分に、画鋲が10個打ち込まれていた。ご苦労なことをする人もいるものだ、と思う。
  1. 2013/07/14(日) 11:06:34|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

防衛大学校の学生さん

今日、外出先でお隣に座ったのは、防衛大学校の学生さんだった。白い制服が清々しく姿勢が大変良くて、見ていて気分が良かった。つい、話かけてしまったのだが、丁寧に答えて下さった。街で時々見かける防衛大学校の学生さんは本当に皆、背筋がぴんとのびていて、良い表情をしている。
全寮制で厳しい学生生活を送っていると思うが、しっかりした表情をしているのは明確な意識、目標を持っているからではないだろうか。
日本も様々な理由から、徴兵制を導入すべきだと思う。
  1. 2013/07/13(土) 23:25:06|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

維新政党・新風 街頭演説

新小岩駅南口にて朝8時から維新政党・新風 鈴木信行氏の演説を聞いた。新小岩はパチンコマルハンが駅前に堂々と建つ、生活感溢れる街だ。ご自分で運転して颯爽と現れた鈴木氏は、韓国政府から入国禁止措置を受けた素晴らしい経歴を持つ。
鈴木氏の顔を見ると「急げ、核武装」と言いたくなるので今日も言ってしまった。
政策公約は、すべて実現して欲しい内容だ。あり得ないと思っていた憲法改正が現実味を帯びてきた今、鈴木氏の公約も夢物語ではないかもしれない。まずは、議席の確保を。頑張って欲しい。
  1. 2013/07/12(金) 09:51:15|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

敵はミズホとキヨミから黒田 福美と池内 ひろ美へ

今日は政治家一族に囲まれ育った女性と、横浜でおしゃべりを楽しんだ。
少し前まで私達の敵だった、ミズホとキヨミは存在感を失い、もうすぐ消滅する日を楽しみにしている。
昨日お会いした方が気になる女は、黒田福美だそうだ。どうしても理解できない、とおっしゃる。
黒田福美は、韓国人に同情して余計なことをして辱めを受けた、おめでたい女だ。以前、誰が呼んだのか子供の小学校で講演のため来校したので見てしまったのだが、足がすごく細くて顔がすごく小さい女だった。異常に気取っていて、話の内容は頭の悪さ全開だったことしか覚えていない。理解できるはずがない。頭がおかしいのだから。
私は最近、池内ひろ美がまた、でしゃばり始めたことが、非常に不快だ。外見を全面改装して現れた、この女を厳戒態勢で見張らなければならない。
  1. 2013/07/10(水) 23:34:48|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

伊藤 玲子先生とポスティング

今朝はYou Tubeで「伊藤 玲子先生とポスティング」を見ました。
私に勇気を与えて下さったのは、「建て直そう日本」女性塾 伊藤 玲子先生です。いつも、きちんとした服装で誰に対しても美しい敬語をお話されます。
近年、多く見かける安い輸入ブランドのだらしない服装、携帯電話を手に持ち、イヤホンをつけて歩く頭の弱そうな女性達はいったい何を考え、人にぶつかっても平気な顔をして歩いているのでしょうか。
  1. 2013/07/05(金) 07:20:36|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

韓国の男女児童ホームスティ受け入れを強要する女子小学校

韓国人をホームスティさせてくれる家族を募集している松江市が大騒動になっているが、都内では1月に港区の小学校で保護者が困惑する出来事があった。
韓国にある女子大付属小学校が、交流のある港区の女子小学校に、5年児童を2名ずつホームスティさせろと言ってきたのだ。
しかし、その女子大付属小学校は男女共学で、遠慮なく男子児童もホームスティさせろと言ってきたので当然、男子児童を受け入れることは避けたい訳だが、情けないことに、教師は必死に受け入れ先を探し、5・6年生の受け入れ家庭が決まった。かなり急だったし、学校側は断っても良かった、というより断わるべきだったのではないだろうか。私立の小学校では先生に物言う保護者など、ほとんどいない。モンスターペアレントなんて、マスコミが好んで使っている言葉だ。日本と韓国の関係を考えても、これは大問題ではないだろうか。反日国家に気を遣う時代は終わった。今後もこのようなことが続くようなら、100年以上続く名門一貫校も終わりかもしれない。
  1. 2013/07/04(木) 00:28:04|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夏休みは『遊就館 写生大会』へ

7月に入り子供達の夏休みまで、約2週間になった。
日本の夏、子供達には様々な経験を積んで沢山の思い出を作って欲しい。お弁当を作って高齢者にお届けするボランティアでは、8月に子供達を10人お預かりして体験をして貰う。昨年は、餃子を作っている時に急激に具合が悪くなったお子さんがいて少々とまどったが今年は、室温調整に気をつけ万全の体制で受け入れたい。
靖国神社 遊就館では、8月18日に『遊就館 写生大会』が開催されるとのこと。是非、子供に参加させたい企画だ。
親子で拝観し、命をかけて国をお守りくださった先人の方々の想いを胸に刻みたい。
  1. 2013/07/03(水) 06:57:57|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

寿ぐ気持ち

会津に住む両親が上京する日を楽しみにしている。
両親は後期高齢者だが、健康で元気に暮らしていて、三女の私に「元気なの? 何か送る物ある?」と毎日電話をかけてくる。両親が住んでいる、戊辰戦争の数年後に建てられた屋敷は、東日本大震災でもびくともしなかった。
両親は神社や自治体へのご奉仕を継続し、近所の方々と和やかにお茶を頂いたりしているようだが、時々「老人よ、死んで下さい国のため」と笑いながら皆で話しているそうだ。そのようなことを思わないで欲しい、と私は思う。以前、大学の大先輩がおっしゃった「寿ぐ気持ち」という言葉を思い出した。
人生の大先輩方が高齢化社会を憂慮することなどあってはならず、本当に『皆して「寿ぐ気持ち」を失ってはならない』と思う。
  1. 2013/07/02(火) 13:52:05|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。